湘南の森に多量発生した稚樹(実生)についての記録です 
 

湘南の森に多量発生した稚樹(実生)について



2016年10月30日



2017年11月10日


湘南の森に多量発生した稚樹(実生)について

2016年10月30日 .
市民団体 湘南の森 .


 湘南平浅間山(180.9m)の東に続く海抜約150mのなだらかな稜線上のこの地は落葉樹のケヤキ、 ヤマザクラ、イヌシデ、ハリギリ、クマノミズキ、等そして常緑樹のタブノキなどの高木・ 亜高木(樹高10から20m前後)が生育している。
 その一角(45×3〜7m・約249u)にヒガンバナが栽植されていたが、 次第に手入れがされず、6〜7年前から稚樹(実生)が生育を始めた。
 今回その稚樹(実生)の種類と数を調査し、合わせて近くの母樹になるであろう成木の分布を調査し、 今後この地域の林地の管理の参考としたい。

調査員
 湘南の森会員

調査時期
 落葉樹でも樹種の判別しやすい2016年8月〜10月

調査方法
 調査区を18区に分割し、事前に樹種の判別方法を学び、全ての樹木(稚樹)の種類と数を調べた。調査にはダブリや落としがないようカウントした木には毛糸などでマーキングした。また周囲の高木の位置と胸高直径を計測した。

調査地・区取り
 湘南平浅間山(180.9m)の海抜約150m地点45×3〜7m、249uで 南面はタブノキなどの照葉樹林に囲まれ、北面は里山として利用され、今ではイヌシデ、ケヤキ、コナラ、クヌギなどからなる二次林を形成している、東西に長く、ヒガンバナが栽植されていた跡地である。
 図1にあるように調査地をほぼ南北に、そしてほぼ東西に9分割した。1区画の面積は6.8〜23.1uである(図1)。

 今回調査区内に発生が見られたが、次の種は対象から外した。
 アオキ、クサイチゴ、つる植物のサネカズラ、アケビ類、キヅタ。

結果
 樹種ごとの各区の本数は表1に示したように総本数1588本で、面積当たり6.4本である。樹種は27種であった。
 各区の樹種(ケヤキ・クマノミズキ・イヌシデ・エノキ・タブノキ・ムクノキ)の分布状況は図2・図3・図4・図5・図6・図7に示した。
 そのほかにヤマグワ・カラスザンショウ・ハリギリ・コナラ・モミジ類・アカメガシワ・マユミ・ムラサキシキブ・ヤブニッケイ・カゴノキ・ハゼ・コクサギ・オニシバリ・サンショウ・モクレイシ・クヌギ・ミズキ・マンリョウ・イヌビワ・ヤツデ・キブシが少数ではあったが見られた。

樹種ごと考察
ケヤキ
 近くに母樹と思われるのは2本であるが、調査区域で全樹種の40.4%もある。
種子は風で運ばれるので離れた所から運ばれたとみられる。日当たりのよいN3〜N6及びS3〜S6区に多い。

クマノミズキ
 鳥による散布は鳥類の体内滞留時間は哺乳類と比べるとはるかに短時間で普通数分から数十分程度であるといわれている。母樹と分布状況をみると納得できる。

イヌシデ
 母樹が風で運ばれる種である。母樹がこの一帯に多く、母樹の近くにも多いが西側に多い。

タブノキ
 調査区で常緑樹として多い。陰樹からだろうかクマノミズキ等で覆われた下によく見られ、樹齢は1〜2年生と思われるものが多い。母樹の樹下に多い。

エノキ
 これも鳥により運ばれる種である。調査区全体に分布している。

ムクノキ
 これも鳥により運ばれる種であるが、エノキとは分布が多少違い西側にはない。

その他
 湘南平一体に自生する主な種が小さな調査区内ではあるがコナラ・カラスザンショウ・ハリギリ等の落葉樹とモクレイシ・カゴノキ・ヤブニッケイ等の常緑樹が見られた。

樹の種類と発生本数
 調査各区の樹の種類と発生本数の関係を見ると図8のようになり、発生本数の多い地区は樹の種類も多く、日照、アレロパシーなどの影響を受けているものと思われる。

総合考察
 今回調査は稚樹(実生)発生であり、これは種子の散布と種子の発芽、その後の生育の結果である。
 今回の調査区はヒガンバナ跡地で一・多年生又笹やアオキも少なく背の高い樹木も無い開けた地区であり、湘南平としては特殊な環境であるが、他の地区もこのような条件がそろえば多くの実生の発生が期待できる。
 土壌シードバンク(埋土種子)の調査は実施されていないが、実生発生には当然含まれているものと思われる。
 当然ではあるが近くの母樹や又湘南平の植生を反映している。密度は高く、極めて小さい稚樹(実生)でありこのまま放置すると自然淘汰されるであろう。
 尚先に「湘南の森」として高木調査した中でイヌシデ、コナラ、タブノキ、ケヤキ、ハリギリの稚樹が確認できた。ヤマザクラは今回の調査対象区では発生が見られなかった。
 この地区の将来の林層を想定して間伐など間引きが必要と思われる。
 又ケヤキなど密度の高い樹種は掘り起こして他地区への苗木供給も考えられる。

市民団体 湘南の森 田中文一 .


図1 ←クリックすると拡大図が出ます。


図2 ←クリックすると拡大図が出ます。


図3 ←クリックすると拡大図が出ます。


図4 ←クリックすると拡大図が出ます。


図5 ←クリックすると拡大図が出ます。


図6 ←クリックすると拡大図が出ます。


図7 ←クリックすると拡大図が出ます。


図8 ←クリックすると拡大図が出ます。



2017年11月10日 .
その後の管理


先の調査から1年後の11月10日に各区の樹高5樹について樹種と樹高を調査した。
(表1)
その結果全体を通してクマノミズキが圧倒的に多く大きなものは樹高272cmにも生育し、 他の樹種は樹下に隠れ枯死するものもあった。このままではクマノミズキだけの林になる可能性があり、 2018年冬に区全体を東西2区に分割し東区は残したい樹を選定し、他は除伐を行った。
西の区はそのまま手つかずとして、今後の生育を見守りたい。



copyright(C) 湘南の森  All rights reserved   Since 2009.9.9

カウンター